柔道について語る程度のブログ

程度が低いわけじゃない!!がんばれ日本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポイント制の導入、良いんだけど・・・

みなさんこんにちは
毎回久しぶりの更新となってしまっています

たかが数行だとしても続けるというのは難しいことです(私にとっては・・)
これもまた凡人と努力できる人の差というものでしょうか

最近更新したい内容がなかったというのも理由の一つですが
言い訳ですよね

そしていつもどおり今更ですが
世界選手権の代表が発表されましたね
暴力問題にゆれる柔道界を試合結果で盛り上げて欲しいです

今回のわたしの注目選手は男子は現役大学生の高藤選手と大野選手ですね
やっぱり若い世代には期待しています

そして福岡選手も注目選手の一人です
年齢的にもそろそろ厳しいのではと思われる中での代表だと思います
実力がありながらもそれに見合う結果が出ていない選手のようにも感じます
今回のリオで一番応援しているかもしれません(がんばれーっ!)

女子ではやっぱり山本選手がひときわ目立ってるように感じるのは私だけでしょうか
若い選手に期待するといってもまだ18才
高藤選手にもいえることですが立場を気にしない自由な柔道を見せて欲しいです


そして今回のテーマはタイトルで分かるかもしれませんが「ポイント制の導入」です
秋より世界選手権などの大会の代表選考にポイント制を導入するというもの

まぁ当然のことですが賛否両論あるようですね
反対派の意見としては、これでは国内試合で優勝しても出れない選手が出てくるといったとこでしょうか

そもそもこのポイント制の導入にはいままで選手選考に不明確な点が多かったというのが理由だと思いますが
実際に今までは非常に主観的な目線で決められていたと思います

わたしも関係者からかなり不適格な理由で選手を決めていた例を聞いたことがあります
世界選手権ではありませんが、国内の選考試合です

こういった事例を踏まえるのであれば今回の「ポイント制の導入」は妥当ではないでしょうか

選考試合で優勝した選手を出すというのも立派な選考方法ですが
どんな選手でもこけることもあれば、実力以上の結果が出てしまうこともよくある話です

たった一回勝負の柔道にて
「運も実力の内だ」「気持ちで負けたのだ」
といわれてしまえばそれまでですが
代表選手の選考ぐらいは平均値で分かるポイント制でかまわないと思います

もっというならばこのポイント制に加えて選手のデータに基づく選考もして欲しいです

どんなに国内で強くても対外人戦での勝率や一定の柔道スタイルに対して著しく弱くなる
そんな選手をポイントが高いからと出したところでそれは選考委員の言い訳逃れでしかなくなると思います

井上監督には期待したいところですね
あれほど苦しい経験をして勝利してきた方ですからその辺の厳しさを人一倍理解してると思います

「お前はポイントは一番高いが、とても世界で勝てる柔道だとは思えない。」

とても反感を買いそうですがこんなリーダーが必要な気もします
周りの人気取りに走るようなトップは必要ありません

今回はわれながら少々矛盾した意見のようにも感じますが
ポイント制という機械的な選考方法を取るからこそ
そこだけに甘んじない柔軟な意見を、周知の意見を反映した選考をして欲しいです

日本柔道がんばれ!!
ノシ
スポンサーサイト
  1. 2013/08/03(土) 18:43:05|
  2. 柔道ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。